一般の皆様へ

特定健康診査・特定保健指導の制度

日本人の生活習慣の変化などにより、近年、糖尿病などの生活習慣病の有病者・予備軍が増加しており、それを原因とする死亡者は全体の約3分の1にも上ると推計されています。
平成20年4月から「高齢者の医療の確保に関する法律」により、生活習慣病予防の徹底のために、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診である特定健康診査・特定保健指導を行うことになりました。
生活習慣病予防のための新しい健診・保健指導を積極的に利用し、少しでも異常が認められたら改善につとめ、バランスの取れた食生活、適度な運動習慣を身につけましょう。

特定健康診査とは?

特定健康診査は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診で、以下の項目を実施します。

基本的な項目
○質問票(服薬暦、喫煙暦等)
○身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
○血圧測定
○理学的検査(身体診察)
○検尿(尿糖、尿蛋白)
○血液検査

  • 脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • 血糖検査(空腹時血糖またはHbA1C)
  • 肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)
詳細な健診の項目 ※一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施
○心電図
○眼底検査
○貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトリット値)

特定保健指導とは?

特定健康診査の結果から生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣病を見直すサポートをします。特定保健指導には、リスクの程度に応じて動機づけ支援と積極的支援があります。

動機付け支援
生活習慣病を予防するための改善目標を、20分以上の個別面接または80分以上のグループ面接により専門スタッフとともに設定します。6ヵ月後に目標を達成できたかどうか、身体状況や生活習慣に変化が見られたかなどを振り返ります。

積極的支援
生活習慣病を解消するために、3~6ヶ月間専門スタッフによる生活習慣病改善のサポートが受けられます。電話やメール、ファックス、面接など対象者の生活スタイルに合わせて行われます。
6ヵ月後に目標を達成できたかどうか、身体状況や生活習慣に変化が見られたかなどを振り返り。

特定健康診査・特定保健指導Q&A

 これまでの健診とどう変わるの?


これまで40歳以上の方々の一般的な健診は、お住まいの市町村が住民を対象に実施していましたが、平成20年4月からは次のとおりとなります。
実施年度40歳~75歳未満の方には、医療保険者(組合管掌健康保険、全国健康保健協会、船員保険、共済組合、国民健康保険)が加入者(被保険者・被扶養者)に対し、特定健康診査として実施します。
75歳以上の方には、各都道府県に設置されている「後期高齢者医療広域連合」から委託された市町村が健診を実施します。

 誰が特定健診を受けられるの?


特定健康診査は、実施年度において40~75歳となる医療保険の加入者(毎年度4月1日現在で加入している者)が対象です。被保険者の方だけでなく、主婦などご家族の被扶養者の方も対象になります。
なお、事業主健診(勤務先の事業主が行う健診)を受けている方は、事業主健診の項目に特定健康診査の項目が含まれている場合、別途特定健康診査を受ける必要はありません。
妊娠中や病気で入院していても特定健診を受けなければいけないの?
妊産婦の方、6ヶ月以上継続して入院している方、障害者支援施設や養護老人ホーム、介護保険施設などへ入所している方、海外に在住している方など厚生大臣が定める規定に該当する方は、特定健診の除外対象者として取り扱われます。詳しくは、ご加入されている医療保険者にお問い合わせください。

 受けるのに費用はかかりますか?


費用は主に医療保険者が負担しますが、医療保険者によっては、費用の一部を自己負担金として受診者が受診する時に実施機関の窓口で支払うこともあります。
自己負担金の有無、金額あるいは負担率は、医療保険者で異なりますが、具体的な金額などは受診券(利用券)に印字されています。

 特定健診・保健指導を受けた後はどうなるの?


特定健康診査を受けた約1~2ヵ月後に、ご本人に健診結果とそれに合った生活習慣の改善に関する情報が実施機関から届きます。なお、健診結果データは医療保険者にも送付されます。
医療保険者は、受けとった健診結果データから、特定保健指導の対象者を抽出し、保健指導を利用してもらえるように利用券などを送付することになります。
特定保健指導の結果についても、その結果データが医療保険者に送付されます。

 プライバシーが守られるか心配だけど大丈夫?


医療保険者は個人情報保護法に従い、健診や保健指導の結果データを厳重に管理することが義務付けられており、漏洩被害などがあった場合は法律で罰則が定められています。
また、実施機関は、委託元である医療保険者の個人情報保護規定を遵守し、受診者のプライバシー情報を守ることが求められており、同様に法律で罰則が定められています。

 特定健診・保健指導を受けないとどうなりますか?


特定健康診査・特定保健指導は、加入者とご本人に受診・利用が義務付けられたものではありませんが、受けない場合は、ご自身の生活習慣を見直す機会を逃してしまうことになりますので、なるべく積極的な受診・利用をお願いします。
未受診の方には、医療保険者から受診券・利用券が届いているかなどの確認の連絡が入る場合がありますので、ご理解とご協力をお願いします。

 がん検診・骨粗しょう症検診などはどこで受けられますか?同時に受けられますか?


がん検診・骨粗しょう症検診などは、これまでどおり、市町村が提供体制を整えます。詳細はお住まいの市町村にご確認ください。
また、医療保険者でも、がん検診や人間ドックなどを実施しているところもあります。詳しい受診方法は、加入している医療保険者やお住まいの市町村にご確認ください。

メタボリックシンドロームとは?メタボを予防・解消するために

メタボリックシンドロームとは??
内臓脂肪型肥満(腹囲:男性85cm以上、女性90cm以上)に加えて
1.脂質異常
  中性脂肪値150mg/dl以上 またはHDLコレステロール値40mg/dl未満
2.高血糖
  空腹時血糖値110mg/dl以上
3.血圧高値
  収縮期血圧130mmHg以上または拡張期血圧85mmHg以上のうち2つ以上をあわせもった状態をいいます。


戻る