医療・介護・福祉等事業者の皆様へ(介護保険サービス事業者の皆様へ)

紙請求終了に伴う請求方法の変更について

平成26年厚生労働省令第98号により「介護給付費及び公費負担医療等の請求に関する省令の一部を改正する省令」が公布され、介護給付費等の請求が、原則として、請求方法を伝送又は電子媒体による請求に限定されました。あわせて、伝送又は電子媒体による請求が困難である場合は、書面による請求を可能とする一部例外規定が設けられました。

請求に関する省令の一部を改正する省令

免除届出書の提出にあたり、以下Q&Aを参考にしてください。

一部例外規定に該当する場合は、以下の免除届出書をご確認いただき、必要事項を記入の上ご提出ください。

介護電子媒体化ソフトについて

介護電子媒体化ソフトは、紙請求を行っている事業所を対象に、あまり煩雑な操作とならずに現状の紙媒体での請求方法と同様なイメージで請求情報(CSVファイル)を作成可能とするソフトを国民健康保険中央会で作成したものです。

本ソフトで作成できる請求明細書は、以下のとおりです。(これ以外は対象外)
 ①居宅療養管理指導(様式第二)
 ②介護予防居宅療養管理指導(様式第二の二)
 ③福祉用具貸与(様式第二)
 ④介護予防福祉用具貸与(様式第二の二)
 ⑤主治医意見書料請求書(※現在、山梨県国保連合会での取扱いはありません。)

電子媒体化ソフトの入手から請求までの流れについて

ソフトの入手から請求までの流れについて。
 ①インストールマニュアルをダウンロードし、その手順に沿って
「setup_NJA200」(介護電子媒体化ソフト)
  ダウンロードします。
 ②介護電子媒体化ソフトの操作方法等については、操作マニュアルをダウンロードし、その手順に沿って画
  面入力します。
 ③請求明細書データ(CSVデータ)をCD-R等に格納し、CD-R等の盤面に事業所番号等必要事項を記
  載します。
  以下磁気媒体を提出する場合におけるラベル貼付」をご確認ください。
 ④介護給付費等の請求期間に国保連合会へCD-Rを提出します。
  以下インストールマニュアル」をご参照ください。
  以下「操作マニュアル」をご参照ください。
  以下
「setup_NJA200」(介護電子媒体化ソフト)をご参照ください。

請求方法を変更する場合について

請求方法を紙媒体からCD-Rへ変更される場合は、事前に以下「依頼書」を国保連合会に提出してください。

戻る