みんなの国保 平成30年度版
15/16

市町村は都道府県と一緒に国保を運営していきます! 国保は市町村それぞれが保険者となって運営していますが、平成30年4月からは都道府県もその運営に加わります。都道府県の役割●財政運営の責任主体●国保運営方針に基づき、事業の効率化・標準化・広域化を推進●市町村ごとの標準保険料(税)率を算定・公表●保険給付費等交付金の市町村への支払い❶「年齢構成が高く医療費水準が高い」❷「所得水準が低く保険料(税)の負担が重い」❸「財政運営が不安定で赤字になっている小規模な保険者が多く存在する」市市市町村村村村ははは都都都道道平成30年4月から届け出や保険料(税)の納付などはこれまでどおりです! 財政運営のしくみは大きく変わりますが、みなさんの医療の受け方は変わりません。保険料(税)もこれまでどおりお住まいの市町村に納めます。また各種申請や届け出なども、これまでどおりお住まいの市町村の担当窓口でできます。国保に関するお問い合わせは、引き続きお住まいの市町村の担当窓口にしてください!都道府県が安定した財政運営や効率的な事業運営を確保します!市町村の役割●国保事業費納付金を都道府県に納付 ●資格を管理(保険証等の発行)●都道府県が決めた標準保険料(税)率等を参考に保険料(税)率を決定●保険料(税)の賦課・徴収 ●保険給付の決定・支給資格管理や保険料(税)の賦課・徴収等の身近な窓口は、引き続き市町村です!を解決するためです!国保が抱えている3つの構造的課題なぜ国保制度の改正が必要なのですか?15

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る