みんなの国保 平成29年度版
2/16

 国民健康保険(国保)は、病気やけがをしたときの医療費にあてるため、加入者みんなでお金を出し合って支える制度です。みなさんが住む市区町村がその運営をしています。加入は世帯ごと被保険者は一人ひとり 国保では、世帯の一人ひとりが被保険者となりますが、加入は世帯ごとに行い、世帯主がまとめて加入手続きをします。 職場の健康保険、後期高齢者医療制度に加入している人や生活保護を受けている人などを除くすべての人が国保に加入します。●お店などを経営している自営業の人●農業や漁業を営んでいる人●退職して職場の健康保険などをやめた人●パートやアルバイトなどをしていて、職場の健康保険などに加入していない人●3か月を超えて日本に滞在するものと認められた外国籍の人(例外あり)国保とは国保に加入する人医療費(一部負担金)を支払う診療を行う保険証を交付する医療費を請求する審査結果を報告する国などからの補助金被保険者(加入者)保険医(医療機関)保険者(市区町村)国保連合会を通じて医療費を支払う国保に加入するのはこんな人です人職場の健康保険などに加加入手続きをし、保険料(税)を納める国保連合会(審査委員会)●国保の財政運営の責任主体が、市町村から都道府県に移行します。山梨県が国保の運営方針を定めて、市町村が担う事務の効率化・標準化・広域化等を推進します。平成30年4月から2

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る