第5期中期経営計画
12/48

9 【期待される効果】 ○年齢階層別、地区別の分析等を行うことで、ターゲットを絞ったより効果的で効率的な受診勧奨が行える。 ○特定保健指導については、先進自治体等の取り組み事例やスキルアップの研修会を行うことで、保険者が好事例等を参考とした保健事業を実施することができ、特定保健指導の実施率向上が期待できる。 ○40代・50代の健康意識を高めてもらうことで、60代以降の生活習慣病等の重症化の予防につながり、医療費の抑制が期待できる。 ○「かかりつけ医」で特定健診が受けられる機会が増えることで、治療中の被保険者に対しても特定健診の受診が期待できる。 ○保険者努力支援制度の評価指標の達成につながる。 【経営計画の目標と年次計画】 項 目 当初目標 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 ① 年代別・地区別分析方法の周知 ② 40代50代に向けた普及啓発事業 ③ 保健指導等のスキルアップ研修 ④ かかりつけ医等での特定健診受診PR ⑤ 実施医療機関の拡大 保険者の要請に基づき 個別支援の実施 事業実施 効果的な手法に向けた検討の継続 (随時事業反映) 研修会等で分析方法の周知 効果的な手法を検討 県が主催する研修会への支援 保険者協議会の意見を取り入れながら、県が主催する研修会へ情報提供や支援状況に応じて研修内容の見直し(随時) 被保険者の利便性を向上するため、かかりつけ医など個別健診が受診できる機会を増やす取組みと、被保険者にも特定健診を受診できるPRを県や保険者協議会と連携して行う。 県には、随時、実施医療機関拡大のための追加要請を継続し、保険者には「かかりつけ医」から特定健診情報の収集に向けた呼びかけを行う。 状況把握

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る