第4期中期経営計画
29/64

27 項 目 当初目標 見直し後の目標 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 保険者支援の充実・強化 ③ 目標達成のために実施した取組み内容及び成果 ○ 保険者から委任された第三者行為損害賠償求償事務における損害賠償金の請求・収納した状況をデータ化し、当該事務の実施状況を適正に管理できるよう事務の効率化を図りました。 ○ 各保険者を巡回し求償事務進捗状況の報告、自庁で行う求償事務に関する相談業務支援等を行いました。 【H28年度実績: 延べ28保険者、 H29年度実績 :延べ31保険者】 ○ 保険者及び後期高齢者医療広域連合の担当者を対象として、「第三者行為損害賠償求償事務研修会」を開催しました。 《直近2年間の研修会実績》 年 度 日 付 内 容 講 師 平成28年度 4月28日 (出席者51名) 「第三者行為求償事務の取組 強化について」 厚生労働省保険局 国民健康保険課 課長補佐 「第三者行為に関わる損害賠償について」 厚生労働省第三者行為求償事務 アドバイザー 10月18日 (出席者:54名) 「求償事務の基本的事項について」 国保連合会 保健事業課職員 「政府保障事業と第三者(加害者)直接請求について」 国保連合会 求償専門員 特に求償案件と思われるものを周知 内容の見直し、チェック・周知の継続 保険者訪問による個別支援の継続 現地研修の実施 研修内容の見直し 保険者現地調査の検討 第三者行為(疑い)抽出リストの 改修・提供

元のページ  ../index.html#29

このブックを見る