第4期中期経営計画
15/64

13 は同一県内で市町村異動した被保険者のレセプト縦覧点検等をシステムで対応する機能の導入も検討されているため、県、市町村と具体的な方法や手順などを協議します。 ○ 「レセプト二次点検システム」の疑義レセプト抽出チェック項目の追加を行い、項目数の増加を図っていきます。 また、既存のチェック項目の見直しを行い、非効率項目の削除及び修正を行い、精度の高い効果的な点検を継続します。 ○ 査定金額の向上については、点検項目の検討、精査を行い、新たな点検項目の追加により査定金額の向上に努めます。 ○ 目視による点検の強化については、疑義レセプトの精査方法の効率化により点検時間を確保するとともに審査の経験年数を加味した質の高い体制の整備を検討し、点検強化を図ります。 (2) レセプト抽出システムを活用した医療費適正化 評価 B ① 課題克服のための取り組み ・ レセプト抽出システムを活用し、重複受診や重複投与などのレセプトデータを抽出し、保険者に情報を提供するとともに、医療費適正化につながる研修会を開催します。 ・ 「重複多受診・重複投薬等該当リスト」の更なる有効活用を協議するとともに、市町村保健師の保健指導への活用方法、効果、課題などの意見を聞き、さらに実効性のある資料の作成に努めます。 ・ また、「傷病名に対する薬剤禁忌」についても、早期にリスト化し保険者に提供できるよう努めていきます。 ② 経営計画の目標と年次計画 項 目 当初目標 見直し後の目標 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 レセプト抽出システムを 活用した二次点検業務 ③ 目標達成のために実施した取組み内容及び成果 ○ 「重複多受診・重複投薬等該当リスト」を更に有効活用ができるリストにするため、市町村の活用状況及び先進県の活用方法等の調査を実施しました。 ○ 活用状況調査の内容を踏まえ、「医療情報等活用検討委員会」へ変更リスト(案)を提案し、市町村保健師等から意見聴取を行いました。 保険者等研修会の実施 保険者等における被保険者(患者)指導等の状況確認 市町村保健師等から意見聴取 「重複受診」「重複投与」等抽出項目の選定 「重複受診」等抽出項目の評価、見直し 保険者等に対する情報提供 市町村保健師等からの意見を反映したリストの作成・提供

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る