第4期中期経営計画
14/64

12 ○ 目視によるレセプト二次点検の強化については、平成29年6月より医科と調剤レセプトの突合点検を開始しました。 表1 年次目標と成果 平成27年度 内 容 目 標 実 績 (1) 点検項目 1,400項目 1,528項目 (2) 再決定率 90%以上 88.06% (3) 査定金額 1億円 約1億2千万円 平成28年度 内 容 目 標 実 績 (1) 点検項目 1,600項目 1,618項目 (2) 再決定率 90%以上 87.53% (3) 査定金額 1億円2千万円 約8千3百万円 平成29年度 内 容 目 標 実 績 (1) 点検項目 1,650項目 1,623項目 (2) 再決定率 90%以上 82.41% (3) 査定金額 1億3千万円 7千万円 ※ 平成29年度の(1)(2)の数値は平成30年2月末現在の数値です。なお、(3)については平成30年3月末の見込み額です。 表2 レセプト二次点検処理状況(平成27年度~平成29年度) a 申出件数 (1)査定 (2)返戻 (3)財政効果額 (4)容認率 b件数 c費用額 d件数 e費用額 c+e 費用額 (b+d) / a% 平成27年度 56,874 48,427 113,624,848 1,655 186,059,578 299,684,426 88.06% 平成28年度 44,319 37,490 82,912,842 1,304 176,199,391 259,112,233 87.53% 平成29年度 39,237 31,273 64,233,197 1,065 136,260,647 200,493,844 82.42% 注1)平成27年度の数値は、平成27年4月~平成28年3月処理分までの実績値です。 注2)平成28年度の数値は、平成28年4月~平成29年3月処理分までの実績値です。 注3)平成29年度の数値は、平成29年4月~平成30年2月処理分までの実績値による推計値です。 ④ 第5期経営計画に向けた課題 ○ レセプト二次点検業務については、保険者の医療費適正化と事務負担の軽減を目的に、縦覧・横覧・突合点検事務の一部を一次審査で実施できるよう、段階的にシステム整備が図られていることから、審査業務課と連携を密にし、今後の対応を検討します。 ○ 平成30年度から県による給付点検調査に係る事務が可能となり、さらに、国は、平成31年度以降に

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る