山梨県国民健康保険団体連合会 中期経営計画
7/26

5 見直しを行い、重点審査の強化を図ります。 ・海外療養費については、保険者が適正な支給決定ができるよう、国保総合システム 等を活用し、対象被保険者の過去の診療内容を突合点検することにより、確実な審 査決定を行います。 また、海外療養費の不正受給事例を収集し、審査に活用します。 (2)適正化に向けた保険者支援 ・柔道整復施術療養費については、被保険者調査に必要な多部位の施術、長期間施術、 高頻度施術等の「柔整療養費適正化確認リスト」を保険者に提供するとともに、保 険者が柔整療養費適正化確認リストを活用するための研修会を開催します。 また、海外療養費についても、不正受給の事例集などを活用した研修会を開催しま す。 【計画の目標と年次計画】 項 目 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 重点審査項目 18項目 23項目 25項目 25項目 25項目 (1)重点審査の強化 (2)適正化に向けた保険者支援 実務による重点審査ポイント精査 実務による重点審査ポイント精査 重点審査項目ポイント絞込 重点審査項目ポイントの見直し 審査ポイントを絞った重点審査の実行 柔整療養費適正化確認リストの利用状況等調査 柔整療養費適正化確認リスト内容見直し 新リストの作成対応 保険者等への「柔整療養費適正化確認リスト」提供 「柔整療養費適正化確認リスト」活用した保険者等研修会の開催

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です