山梨県国民健康保険団体連合会 中期経営計画
18/26

16 5.重度心身障害者医療費助成制度見直しへの対応 【現状と課題】 県単独の重度心身障害者医療費助成制度が、平成26年11月診療分から「自動還付方式」 に移行することに伴い、本会では、県及び市町村からの要請を受け自動還付支援システム の開発と業務運用を実施することとなりました。 このため、システムの開発を早期に行うなど、必要な諸準備を進めるとともに、安定し た業務を行うための体制を整備する必要があります。 【課題克服のための取り組み】 (1)新制度移行に伴う体制の整備 ・プロジェクトチームを設置し、県及び市町村と定例的に協議を進めながら、独自 のシステム開発、機器等の導入、検証作業を進めます。 ・診療報酬等の情報を市町村に提供する業務や保険医療機関等への手数料支払業務な どを安定的に実施するため、新たに専任の担当を設置します。 【計画の目標と年次計画】 項 目 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 (1)新制度移行に伴う体制の整備 プロジェクトチームの設置 県及び市町村との定例的協議 専任の担当の設置 システム開発、 機器導入 検証作業 検証作業 システム運用

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です