山梨県国民健康保険団体連合会 中期経営計画
10/26

8 ら、保険者に対し活用方法について更なる周知の必要があります。 【課題克服のための取り組み】 (1)効果的な介護給付適正化事業の支援 ・医療給付情報突合リストの更なる活用方法を周知するとともに、保険者において効 率的に活用できるよう、本会独自に新たに作成する絞り込みリストの提供を行いま す。また、各保険者に対し個別対応する相談日などを設け、リストの活用促進を図 ります。 【計画の目標と年次計画】 項 目 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 (1)効果的な介護給付適正化事業の支援 医療給付情報突合リスト 絞り込みリス トの提供 適正化相談支 援 5.インターネット請求の推進 【現状と課題】 介護給付費の伝送請求は制度施行時より「ISDN回線」に限定されていますが、回線 速度が遅く、大容量のデータの送受信に時間を要するなど利便性等の面により、介護保 険事業所等の伝送請求への普及が図られていない現状であります。 今後、国保中央会を共同受付センターとし、インターネット回線(高速回線)を利用し た請求が可能となるため、介護保険事業所等に対し伝送請求の普及・促進に努めていく 必要があります。 内容検討 個別相談支援の実施 内容検討 絞り込みリストの提供 医療給付情報突合リストの提供

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です