やまなしの国保
4/28

保険者紹介Kofu city甲府市過去に学ぶ 現在を見つめる 未来につなぐい まH25年度収納率:85.92%H26年度収納率:88.29%H27年度収納率:89.62%H28年度収納率:91.07%H29年度収納率:91.61%H30年度収納率:92.36%H25年度H26年度H27年度H28年度H29年度H30年度H25年度加入率:36.10%H26年度加入率:35.23%H27年度加入率:34.29%H28年度加入率:33.03%H29年度加入率:31.84%H30年度加入率:30.67%H25年度H26年度H27年度H28年度H29年度H30年度H25年度H26年度H27年度H28年度H29年度H30年度H25年度加入率:27.70%H26年度加入率:26.98% 被保険者はこの5年間で約1万人減少しており、今後も人口の減少や後期高齢者医療制度への移行などにより減少傾向が続くと見込まれます。 また、被保険者に占める前期高齢者の割合は5年間で約4ポイント上昇しており、被保険者の高齢化が進んでいます。国保の加入者状況5年間で前期高齢者の割合が4ポイント上昇 効率的な保険料の徴収を目指し、平成30年度から低額の滞納案件は電話や文書による催告を、高額の滞納案件は財産調査と差押等を中心とした滞納整理を実施しています。その結果、現年・過年度を合わせた収納率は平成29年度と比較し、約1.4ポイント増加しました。 今後においても、現年度分保険料徴収を主とした取組を行うことで、新たな滞納繰越額を発生させないようにし、更なる収納率の向上に努めます。保険料の収納状況滞納整理を実施し、収納率が約1.4ポイント増加 薬価改定や被保険者数減少の影響により平成28年度から医療費総額は減少していますが、逆に一人当たりの受診件数、医療費は増加しており、また高額療養費の一人当たり支給額も増加傾向にあります。これは医療の高度化や被保医療費の状況一人当たりの医療費や高額療養費の支給額が増加収納額調定額【単位:千円】国保税収納状況【単位:円】一人当たり医療費の状況退職前期高齢者一般(前期除く)【単位:千円】総医療費の状況退職前期高齢者一般(前期除く)050,000100,000150,000200,000250,000020,00040,00060,00080,000100,00002,000,0004,000,0006,000,00004,000,0008,000,00012,000,0000100,000200,000300,000400,000500,000600,000被保険者人口【単位:人】国保加入者状況5,187,0985,020,1254,867,1754,699,3944,487,5554,356,1154,456,9144,432,5124,361,8844,279,7744,110,8284,023,243H27年度加入率:26.09%H28年度加入率:24.93%H29年度加入率:23.80%H30年度加入率:22.85%193,81288,83389,02889,54789,94590,16790,477192,601191,664190,456189,200187,86853,67751,96150,00947,48845,03842,92432,06531,36930,70629,71228,70727,75233,08631,51130,21828,70427,12425,90718,16918,45318,37517,94717,56116,9292,4221,9971,4168377,283,8927,106,7807,140,2096,905,4926,733,5346,538,135213,936219,074229,988232,853240,285245,0948,784,8659,335,1689,702,7508,906,3148,993,659490,939503,487523,313486,444502,130511,6068,895,2971,113,124901,661 721,109438,520258,720413,339407,254414,668380,659419,319454,601険者の高齢化に伴う受診率の上昇が影響していると考えられます。今後も被保険者の高齢化や高額薬剤の保険適用が進むことから、医療費が増加することが予想されます。退職前期高齢者【単位:人】被保険者の状況一般(前期除く)05,00010,00015,00020,00025,00030,00035,00035388102,740国保加入世帯世帯数【単位:世帯】国保加入世帯状況3

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る