やまなしの国保
13/28

健康生活元気に保 健 師アドバイス国保連合会 保健事業課 保健師では、なぜ秋に運動がお勧めなのでしょうか。皆さん、運動を始めてみませんか? 夏の暑さも収まり、運動を楽しむにはよい季節となりました。 体を動かすことが好き、病気を予防したい、筋肉アップをしたい等いろいろな目的で運動を行う人が最近増えてきています。気候的にも秋は運動を始めやすい時期ですよね。そんな秋は気候の面だけではなく、体内リズムやメンタル的な面でも運動がお勧めなのです。過ごしやすい季節になりました。過ごしやすい季節になりました。 秋になると日照時間が短くなり、それに伴い体内のセロトニンの分泌も減少します。セロトニンには、体内時計の調整、精神の安定、自律神経のバランスを保つなどの働きがあります。そのため、日照時間が短くなる10月から11月にかけて、何となく体がだるい、気分が落ち込む、やる気が出ない、過食、不眠などの症状が出やすくなります。そんなセロトニンを増やすために効果的な方法のひとつが「リズム運動」です。秋に体を動かすことは、今後起こりやすいセロトニン不足を解消するのに効果的なのです。 皆さんは「リズム運動」をご存知ですか?これは特別な運動ではなく、ウォーキング、ジョギング、ダンスなど一定のリズムで筋肉の緊張と弛緩を繰り返す運動のことを言います。食べ物を咀嚼することもリズム運動のひとつです。そのため、ガムを20分程度しっかり噛んでいるとセロトニンが増えることがわかっています。 「食欲の秋」「運動の秋」そう言われるのには「セロトニン不足解消」ということも関係しているのかもしれません。 リズム運動を行い、しっかり噛んで食べる。そんな秋の過ごし方でこれから先の季節、心も体も元気になりましょう。●セロトニンは疲れると減ってしまいます。「気持ちがよい」程度の軽い負荷で行いましょう。●「1・2・1・2」というように一定のリズムを意識しながら行いましょう。●セロトニンは運動を始めて5分くらいで活性化し始め、20~30分でピークに達します。やり過ぎは疲労のもととなり、逆効果です。●セロトニンの分泌を高めるには、少なくても3か月くらいの継続が必要です。自分が毎日続けられそうな運動を選びましょう。●咀嚼も大事なリズム運動です。根菜類など歯ごたえのいいものを食事に取り入れ、しっかり噛んでゆっくり食事を味わいましょう。リズム運動のルール12

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る