やまなしの国保
21/28

土屋淳部会長(国保援護課長)長田忠孝会長飯塚秀彦新会長山本司課長補佐(国保援護課)【協議事項等】❶令和元年度山梨県保険者協議会事業計画について(報告)❷平成30年度山梨県保険者協議会事業報告について❸平成30年度山梨県保険者協議会歳入歳出決算について❹令和元年度山梨県保険者協議会実務研修会について❺山梨県医療費適正化計画の進捗状況について❻医療費適正化等に関する県の施策への協力要請について❼各保険者の先進的な取組に関する保険者協議会での紹介の可否について【報告事項】報告第1号…平成30年度山梨県国民健康保険診療施設協議会歳入歳出予算補正(補正第1号)について【議決事項】議第1号…平成30年度山梨県国民健康保険診療施設協議会事業報告の認定について議第2号…平成30年度山梨県国民健康保険診療施設協議会歳入歳出決算認定について議第3号…令和元年度山梨県国民健康保険診療施設協議会事業計画(案)について議第4号…令和元年度山梨県国民健康保険診療施設協議会歳入歳出予算(案)について議第5号…役員(監事)の改選について 県自治会館研修室において、県と本会との共同で標記部会を開催した。 本部会は、医療費適正化計画等策定及び変更についての検討や保健事業に関する情報交換、連携協力を目的に設置されている。 はじめに、土屋部会長(県国保援護課長)が挨拶を述べた後、県の担当課長らが説明を行い、意見が交わされた。 山梨県保険者協議会に諮る前段として協議された内容は、以下のとおり。医療費適正化及び健康づくり推進の情報交換、連携を目的として610令和元年度山梨県保険者協議会専門部会 本会審査室において、29会員(17診療施設、12開設保険者)のうち委任状を含め全会員が出席のもと標記総会を開催した。 県国保援護課 土屋課長による来賓挨拶の後、長田会長を議長に審議が行われた。 提出された案件はすべて原案どおり可決承認され、長田会長に代わり新会長には、北杜市立甲陽病院長の飯塚 秀彦氏が選ばれた。 また、総会後、県国保援護課 山本課長補佐より国保直営診療施設に対する助成制度について説明が行われた。29会員のもと国診協総会を開催611山梨県国民健康保険診療施設協議会総会令和元年度広報事業の適正化を目指し広報委員会委員決まる 本会で発刊する保険者向け機関誌「やまなしの国保」、国保被保険者向け小冊子「みんなの国保」の編集や本会の広報活動全般についてご尽力いただく委員の方々は右のとおりです。山梨県福祉保健部国保援護課国保指導担当主査 中村美由紀 氏山梨県福祉保健部健康長寿推進課地域包括ケア推進担当課長補佐 小林 孝恵 氏山梨市市民課長 萩原 双葉 氏大月市市民課長 横瀬 政弘 氏韮崎市市民生活課長 野口 文香 氏早川町町民課長 望月 重美 氏昭和町町民窓口課長 今村 圭一 氏鳴沢村住民課長 小林 昌信 氏山梨県後期高齢者医療広域連合事務局次長 細田 一樹 氏山梨県国民健康保険団体連合会事務局長 内田 一仁任期:平成31年4月1日から令和3年3月31日まで20

元のページ  ../index.html#21

このブックを見る