やまなしの国保
25/28

①年齢階級別国保の状況 国民健康保険については、山梨県平均の64.5%と比較し15歳未満の使用割合が著しく低い結果となりました。20歳以上では、使用割合が上昇するものの県平均には至らず、60歳以上から県平均を上回る使用割合となりました。(下図1参照)市町村単位の状況につきましては、帳票No.3をご確認ください。②年齢階級別/薬効分類別の国保の状況 薬効分類別にみると、各年齢階級において使用割合が低い製剤に特徴があることがわかり、下表1に一部抜粋しました。山梨県の状況 (平成30年11月診療分)●感覚器官用薬 (31.4%) … 点鼻薬、点眼薬等●外皮用薬   (38.9%) … 塗り薬、貼り薬、スプレー剤等0歳以上15歳未満●外皮用薬   (43.2%) … 塗り薬、貼り薬、スプレー剤等●診断用薬   (45.2%) … 疾病の診断や臓器の機能を調べる医薬品80歳以上90歳未満※当該月において処方された薬剤の使用回数が100件以下の製剤は除く。表1 山梨県薬効分類別ジェネリック医薬品使用割合図1 山梨県年齢階級別ジェネリック医薬品使用割合(国民健康保険被保険者)統計資料のお問い合わせは…保健事業課保険者支援係まで TEL:055-223-2113(内線494)年齢階級 使用割合が低い製剤 ※( )内は使用割合県平均70歳以上75歳未満65歳以上70歳未満60歳以上65歳未満55歳以上60歳未満50歳以上55歳未満45歳以上50歳未満40歳以上45歳未満35歳以上40歳未満30歳以上35歳未満25歳以上30歳未満20歳以上25歳未満15歳以上20歳未満10歳以上15歳未満5歳以上10歳未満5歳未満01020304050607080(%)使用割合が低い階級使用割合が高い階級55.249.853.458.063.061.159.260.960.662.362.264.566.466.766.164.524

元のページ  ../index.html#25

このブックを見る