やまなしの国保
15/28

事業の運営に重大な支障を来すことになりかねません。各保険者においては、収納対策緊急プランの策定等により、収納対策に積極的に取り組まれていることと思いますが、今後も収納率向上に向けた一層の取組みが必要です。 収納率向上のためには、①収納担当職員の増員や全庁体制での対応、②滞納者(高額滞納者や悪質滞納者)に対する滞納処分の積極的な実施、③口座振替による収納の積極的な推進、④インターネット公売の活用、⑤多重債務者への支援など、積極的かつきめ細かな対応が必要です。地域の実情に即した具体的かつ効果的な取組みをお願いします。 なお、県では平成23年度から保険料(税)収納対策事業として収納対策研修会を実施してきました。本年度も引き続き実施して参りますので、収納対策推進の一助となるよう積極的な御参加をお願いします。❸医療費の適正化と保健事業 健全な国保財政の運営のためには、収入の確保はもちろんのこと、支出の抑制も重要です。支出の大部分を占める保険給付費の増加は、財政運営に大きく影響します。被保険者の高齢化や医療技術の高度化等により一人当たりの医療費が増加する傾向にあって、医療費適正化対策への積極的な取組みは、一段と重要性を増しています。 医療費適正化の具体的な対策としては、①医療費分析の実施と重点課題の整理、②レセプト点検の強化、③柔道整復師の施術の療養費支給の適正化④第三者行為等に対する求償事務の強化、⑤広報活動事業の充実・強化、⑥後発医薬品(ジェネリック)使用促進対策の実施⑦重複・頻回受診者、重複・多剤投与者対策の推進等が挙げられます。 また、保健事業の推進については、特定健康診査・特定保健指導の実施率の向上を図るとともに、PDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業を実施するため、レセプト等のデータを活用したデータヘルス計画に基づき、引き続き、衛生部門との連携も深めながら、地域の特性に応じた効果的かつ効率的な保健事業を行っていただきますようお願いします。 平成31年度も、引き続き、①財政の安定化、②保険料(税)収納率の向上、③医療費適正化対策の推進、などに重点をおいて助言等を行っていく予定です。各保険者におかれましては、昨年度の助言事項等を十分に踏まえ、制度の趣旨に添った適正かつ効率的な事業運営をお願いします。おわりに定例の事務打合せ実施状況山梨市甲州市韮崎市富士吉田市富士川町早川町身延町南部町甲斐市昭和町南アルプス市北杜市小菅村山梨県医師国民健康保険組合国保連合会 保険者等 指摘事項の内容H29実施数保険者市町村国保組合計13114115国保連合会合計実施数保険者市町村国保組合計14014115国保連合会合計都留市大月市甲府市笛吹市市川三郷町中央市道志村西桂町山中湖村忍野村富士河口湖町鳴沢村上野原市丹波山村国保連合会●保健事業の充実を要するもの 11件●保険料(税)の収納率が低い(低下 3件 が著しい)ので向上を要するもの●適用事務の改善を要するもの 2件●保険給付事務処理が不適正なもの 5件●収支の改善を要するもの 2件●医療費の適正化を要するもの 2件●基金積立不足の改善を要するもの 1件●運営協議会の改善を要するもの 2件 保険者等 指摘事項の内容H30実施年月日…H29.9.26~10.25実施年月日…H30.9.26~11.9●予算編成・執行が不適切なもの 1件●保健事業の充実を要するもの 12件●保険料(税)の賦課が適正でないもの 1件●保険料(税)の収納率が低い(低下 4件 が著しい)ので向上を要するもの●適用事務の改善を要するもの 6件●保険給付事務処理が不適正なもの 3件●収支の改善を要するもの 4件14

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る