やまなしの国保 2018年1月号
7/32

初狩の田園風景岩殿山ふれあいの館大月駅前イルミネーション矢立の杉雁ケ腹摺山からの富士山 大月市は山梨県の東部に位置し、首都東京から約75km、県都甲府からは約35kmの距離にあり、JR中央線や中央自動車道、国道20号など、幹線交通網でつながっています。また、世界文化遺産に登録された「富士山」へ向かう富士急行線や国道139号などの分岐点として、古くから交通の要衝となっています。 全面積の約87%が山林であることから、豊かな緑や清流など美しい自然環境に恵まれ、市内の各所から美しい富士山を見ることができます。市では特に富士山の眺めが美しい山々を「秀麗富嶽十二景」としてPRを行い、関東近県から多くの方がハイキングや登山に訪れています。                  大月市第6次総合計画では、基本理念を「信頼と協働のまちづくり」として、大月市民のそれぞれの世代が自信と誇りを持ち、生きがいを感じながら助け合い、思いやりを持ち支え合う、市民と行政が一体となった協働のまちづくりを目指しています。5

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る