やまなしの国保 2018年1月号
24/32

認定者数と第1号被保険者数の推移(指数)図1年齢別認定者数の推移図2第1号被保険者数(平成29年3月末現在)表1認定者数(平成29年3月末現在)表2県健康長寿推進課通信山梨県の国保情報 第1号被保険者 人数(人) 構成割合 H27年度 H27年度 65~74歳 117,444 116,800 48.6% 49.1% 75歳以上 124,065 121,081 51.4% 50.9% 合 計 241,509 237,881 100.0% 100.0%05,00010,00015,00020,00025,00030,00035,000(平成12年度を「100」とした指数)(指数)(年度)(年度)(人)H12H13H14H15H16H17H18H19H20H21H22H23H24H25H12H13H14H15H16H17H18H19H20H21H23H24H25H2275歳以上65歳~74歳第2号認定者数H26H27H28100110120130140150160170180190200210220認定者第1号被保険者114102105107108111113116118120120122126129132135132148159167168173178184185191199205212214H26H27H2813,97216,06718,60321,08522,83824,15024,50225,50426,51627,48928,62229,85231,12831,88033,00833,3932,6886237097959229838489759269249079349308738288007782,9533,3933,6033,5463,4023,3703,3553,2693,1773,3513,5783,6493,5773,7093,72413721633,8497373,517 認定者数 人数(人) 構成割合 H27年度 H27年度 第1号被保険者 37,366 36,970 98.1% 97.9% 65~74歳 3,517 3,577 9.2% 9.5% 75歳~ 33,849 33,393 88.8% 88.5% 737 778 1.9% 2.1% 合 計 38,103 37,748 100.0% 100.0%第2号被保険者(40~64歳) 平成28年度における山梨県の介護保険事業の状況を取りまとめましたので、今回はその結果についてお知らせします。【「平成28年度介護保険事業状況報告(暫定版)」から】*暫定版のため、今後市町村等からの報告の修正等により、数値が変動する場合があります。*割合・概数・四捨五入を用いている数値については、合計が一致しない場合があります。 第1号被保険者数は、241,509人で前年度(237,881人)と比較すると3,628人の増となりました。第1号被保険者の年齢構成をみると、75歳以上の後期高齢者が51.4%を占めており、前年度(後期高齢者50.9%)と比較すると0.5%の増となりました。第1号被保険者数は、介護保険制度が始まって以降年々増加しています。【表1・図1参照】(注:第1号被保険者=65歳以上 第2号被保険者=40歳~64歳) 認定者数は、38,103人であり、前年度(37,748人)に比べ0.9%の増となりました。 認定者のうち第1号被保険者は37,366人であり、第1号被保険者全体(241,509人)の15.5%(「認定率」といいます)が認定を受けていることになります。また、全体の88.8%が75歳以上でした。【表2参照】 認定者数は年々増加しており、制度が始まった平成12年度の認定者数(第1号被保険者+第2号被保険者)17,283人と比較すると約2.2倍になっています。 一方、第1号被保険者数は平成12年度176,312人、平成28年度241,509人と約1.4倍であり、被保険者数に比べ認定者数の増加分が大きくなっています。特に75歳以上の認定者の増加が顕著となっています。【図1・図2参照】 認定者の介護度別構成をみると、要支援認定者が5,622人(要支援1=1,817人 要支援2=3,805人)、要介護認定者が32,481人(要介護1=6,405人 要介護2=8,549人 要介護3=7,560人 要介護4=5,880人 要介護5=4,087人)となっています。【図3参照】地域包括ケア推進担当 主事 中澤 聡志(なかざわ さとし) 1.第1号被保険者の状況介護保険の状況平成28年度における2.要介護(要支援)認定者の状況22

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る