やまなしの国保 2018年1月号
12/32

山梨県国民健康保険団体連合会事業運営協議会平成30年度 山梨県国民健康保険団体連合会事業の基本的な考え方について(案)1.国民健康保険・後期高齢者医療事業(1)診療報酬等審査支払業務○診療報酬の審査業務については、医療技術の進歩や高額医薬品の保険適用などにより、保険医療機関からの請求は高度化、複雑化しております。職員の専門性の高い知識の習得と審査事務能力の向上を目指し、審査の充実に努めてまいります。○保険医療機関等から請求される電子レセプトの特性を生かし、コンピュータシステムを最大限に活用した審査を行い、さらに、人とコンピュータシステムを組み合わせて審査業務能力の向上を図り、レセプト一次審査業務の一層の高度化と効率的な審査に努めてまいります。○国保中央会及び国保連合会の審査の充実に向けた方向性を示した「国保審査業務充実・高度化基本計画」に基づき、本基本計画に掲げた改革の取り組みについて、今後、明らかになる具体策を見据えて、本会の審査業務の高度化・効率化にこれまで以上に取り組んでまいります。○レセプト二次点検業務については、コンピュータチェックの項目の見直しを行い、より精度の高い点検業務に努め、レセプトの一次審査業務との連携強化と情報の共有化を図ることにより、効果的な点検業務を行います。○平成30年4月に診療報酬等が改定されることから、改定内容について審査委員会や職員間で情報の共有化を図り、併せてコンピュータチェック機能の更新も含めて万全の体制で臨みます。○複数の医療機関を受診し、同一、同種の薬剤の投与が行われている被保険者を抽出する「重複多受診・重複投薬等該当リスト」を作成し、保険者が実施する医療費適正化を支援するための情報提供や活用方法などの研修会を実施します。○柔道整復施術療養費をはじめ、あん摩マッサージ指圧、はり・きゅうや、海外療養費などの療養費の支給申請に当たっては、重点審査項目を設定し効果的な審査を行うとともに、「柔道整復施術療養費の適正化に係る確認リスト」の提供や活用方法などの研修会を開催し、療養費の適正化に積極的に取り組んでまいります。○あん摩マッサージ指圧、はり・きゅうについては、現在、国において、平成30年度中に受領委任制度の導入と審査体制の強化を図るために、国保連合会に審査会を設置することが検討されております。本会は、国の動向に注視しつつ必要な準備を進めてまいります。○海外療養費の不正受給対策事業については、保険者等からの委託により海外療養費の翻訳や海外の医療機関等への調査(文書・電話)を実施しています。この不正受給対策事業について、保険者等の利用を促進するため、研修会等を通じ周知します。○資格喪失後の受診に係る保険者間調整については、各種手続きを簡素化するために、保険者の委託を受けて「包括的合意に基づく保険者間調整」(国保保険者⇔国保保険者)及び「療養費代理受領方式による保険者間調整」(国保保険者⇔国保保険者/国保保険者⇔協会けんぽ)を実施します。○重度心身障害者医療費の集計事務及び手数料収納支払事務については、的確な事務処理を行ってまいります。また、保険医療機関等から提出されるレセプトの写しの電子レセプト化を促進して効率化を図ります。○支払業務につきましては、保険者等のご協力をいただきながら、保険医療機関等への診療報酬、柔道整復施術療養費及び出産育児一時金等の支払を迅速かつ確実に実施します。(2)電算処理業務○電算処理業務については、全国共通システムの「国保総合システム」をはじめ、「後期高齢者医療請求支払システム」や「特定健診システム」、 県自治会館研修室において、各市町村の国保・介護保険・障害者総合支援担当課長並びに後期高齢者医療広域連合次長出席のもと、標記協議会を開催し、下記の事項について協議した。 本会の小野常務理事が挨拶を述べた後、平成30年度の事業並びに予算の基本的な考え方について、内田事務局次長が説明を行い、保険財政共同安定化事業等の廃止手続等について、石原保健事業課長が説明を行った。その後、障害福祉サービス等に係る給付費の審査支払事務について、飯沼介護保険課長より説明を行った。2017.11.27Topics小野浩常務理事内田一仁事務局次長飯沼弘子課長吉田安志事務局長依田いづみ課長(昭和町)遠藤豊課長補佐(県障害福祉課)石原紀仁課長斎藤一己福祉課長(甲斐市)嶋田敬総括課長補佐【協議事項】①平成30年度 事業並びに予算の基本的な考え方について(案)②平成29年度 保険財政共同安定化事業及び高額医療費共同事業の廃止手続等について(案) ③新中期経営計画策定に関する基本的な考え方について(案)【報告事項】①障害福祉サービス等に係る給付費の審査支払事務について協議事項は、平成29年12月22日開催の役員会において議事として提案し、承認された。―新たな国保制度の円滑な実施と運営に向けて―平成30年度 事業計画・事業予算(案)を協議【説明要旨】10

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る