やまなしの国保 10月号
9/32

高齢者及び若者向けの健康ポイント手帳高齢者及び若者向けの健康ポイント手帳特定健診後の事業説明と手帳発行の様子特定健診後の事業説明と手帳発行の様子高齢者サロンにて健康講座の様子高齢者サロンにて健康講座の様子「体重も減らさなきゃいけないらしいわ」「(取り組みが)できるかなー?」など、保健師と話し合ってます。健康講座として、ポイントに加点されます。みなさん、手帳を持っての参加で、真剣にお話を聞いています。食の欠食が多い、青年期壮年期の運動不足、特定健診、がん検診受診率の伸び悩み、メタボ該当者の増加傾向等があげられ、若い世代から健康意識を高め生活習慣病予防に取り組む必要があります。健康づくりポイント事業スタート そこで、平成29年度(高齢者は平成28年度)より、「都留市健康づくりポイント事業」をスタートしました。 この事業は、健康ポイント手帳に、自分の健康目標を立て、チャレンジメニュー(食事や運動の日々の取り組み)を決め実行したり、特定健診やがん検診など市が主催する健康講座やイベントなどへ参加するとポイントを獲得することができ、貯まったポイントは市内のつるポイントカード店会が運営する「わくわくカード」(お買い物ポイントカード)のポイントとして利用できるという仕組みで、楽しみながら健康づくりができる事業です。 本事業を進めるにあたり、庁内健康づくり推進班において関係各課で共有を図り、市民が参加しやすい健康ポイント事業の推進のため検討を繰り返しました。また、健康ポイント手帳の発行窓口を各種イベント等の会場に広げ参加を呼びかけています。7月末現在20歳~64歳以下の方970人、65歳以上の方796人と予想以上に反応がありました。 市民からは、「申し込んでもやらないのよね」「それでもやってみるか」色々な声を聞きますが、その表情は笑顔で、手帳を手に話されます。この積み上げが健康づくりに繋がればと考えます。 今後は、さらに健康ポイント手帳の普及に努め、正しい健康情報を発信することで健康意識の向上を図り、生涯健康でいきいきした生活をおくることができるよう、健康づくりや介護予防等の支援をしていきたいと思います。また、商工会ポイント店会の方々と一緒に取り組むことにより地域の活性化の一助になればと考えています。7

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る