やまなしの国保 10月号
26/32

 甲府市・小瀬スポーツ公園において、誰もが健康でいきいきとした生活が送れるよう、高齢者をはじめ大人から子どもまで県民が一堂に会し、スポーツ、趣味、ボランティア、生きがいづくり活動などによる仲間づくりを通じて社会参加し、同時に老後の暮らしを支える各種の情報を得るために「いきいき山梨ねんりんピック2017」のイベントが開催され、約380人の参加者が来場した。 本会は、健やか山梨21のスタッフとして「健やか山梨21★国保いきいき広場」にブースを設置し、健康づくりの啓発普及活動を行った。 はじめに、開会式で偶然に居合わせた後藤 斎知事の挨拶をいただき、山本事務局長(県栄養士会)の挨拶後、各自の担当に分かれ測定を開始した。ブース内は、体内脂肪測定・BCチェッカー(加速度脈波測定)・骨密度測定・ストレスチェックなどを実施。 健康相談コーナーでは医師・保健師・栄養士が個別に参加者の相談などを聞き、丁寧に対応していた。健康ウォーキング教室では正しい歩き方の指導を行い、集団で公園内を歩き回りながら楽しく有酸素運動をした。 また、イベント中に山梨県医師会が「健康運動実施状況アンケート」を実施し、日常生活における運動の実施時間等について実態調査をした。 参加者の中には、自分の測定値を確認して笑顔になる人も。また反対に、がっかりした表情を浮かべ、少し反省した人もいた。楽しみながら今の健康状態を知ることで、多くの参加者の健康づくりのきっかけに繋がった。ねんりんピック2017ねんりんピック2017いきいき山梨いきいき山梨-明るく元気で楽しい世代間交流-岩佐課長(県健康増進課)骨密度測定ストレスチェック測定血管年齢測定体内脂肪測定山本事務局長(県栄養士会)後藤 斎知事(山梨県)9月30日(土)News24連合会ニュース

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る