やまなしの国保 7月
14/36

 今回は、県内27市町村の国民健康保険特別会計(事業勘定)の平成28年度当初予算を取りまとめましたので、業務の参考にしてください。(1) 被保険者数(国保組合を除く) 平成28年3月末の被保険者数は、全体では227,919人で、内訳は一般被保険者219,951人(うち前期高齢者87,120人)、退職被保険者等7,968人です。 平成27年3月末と比較して、被保険者の総数で9,413人の減少、うち一般被保険者が5,856人減少し、退職被保険者等が3,557人減少しました。(2) 予算規模 平成28年度の各市町村の当初予算額の合計は、1,136億4,886万円となり、前年度の1,109億6,267万円と比較して26億8,618万円、2.4%増加しています。(1) 保険料(税) 予算額は、228億753万円で、前年度と比較して11億9,877万円、5.0%の減少となっています。 これを1人当たりの額で比較すると、平成28年度は100,068円、平成27年度の101,150円から1,082円、1.1%の減少となっています。 なお、県内市町村の平成26年度の保険料(税)収納率は92.13%で、前年度を1.12ポイント上回り、対前年度増減率では、全国1位の伸び率となりました。保険料(税)収入の確保は健全経営の基本ですので、引き続き収納率の確保、向上に積極的に取り組んでいただきたいと思います。(2) 国庫支出金 平成28年度当初予算の国庫支出金の総額は236億4,647万円となっており、前年度の232億6,418万円に比べ3億8,228万円、1.6%の増加となっています。 歳入に占める割合は、20.8%であり、同じような割合の保険料(税)、前期高齢者交付金、共同事業交付金と並び、国民健康保険特別会計の主要な歳入の一つとなっています。 なお、「経営姿勢が良好であること」を理由とする特別調整交付金については、毎年度の予算編成上も「歳入に見込まない」ことが示されていますので、これを徹底するようお願いします。(3) 療養給付費交付金 28億9,151万円で、前年度の38億9,131万円に比べ9億9,979万円、25.7%の減少となっています。(4) 前期高齢者交付金 239億2,304万円で前年度の229億4,647万円に比べ9億7,656万円、4.3%増加しました。(5) 県支出金 53億5,591万円で、前年度の55億6,598万円に比べ2億1,007万円、3.8%の減少となっています。(6) 共同事業交付金 253億996万円で、前年度の227億3,934万円に比べ25億7,061万円、11.3%と増えています。(7) 繰入金 92億9,642万円で、前年度の81億3,714万円と比べ11億5,927万円、14.2%の増加となっています。①一般会計繰入金●保険基盤安定繰入金は、51億9,500万円で、前年度から11億5,009万円、28.4%の増加となっています。 これは、保険者支援制度の拡充の影響が考えられます。●職員給与等繰入金は、15億1,394万円で、前年度から5,568万円、3.5%の減少となっています。●出産育児一時金等繰入金は、2億9,975万円で、前年度から2,462万円、7.6%の減少となっています。●財政安定化支援事業繰入金は、7億6,973万円で、前年度から1億5,495万円、25.2%増加となっています。●その他の繰入金は6億4,381万円で、前年度から3億1,353万円、32.8%の減少となっています。②財政調整基金繰入金●8億7,417万円で、前年度の6億2,610万円と比べ2億4,806万円、39.6%の増加となっています。(1) 保険給付費 総額は671億4,132万円で、前年度の662億5,651万円に比べ8億8,480万円、1.3%の増加となっています。 歳出に占める割合は59.1%で、全体に占める割合はほぼ前年度と同額であり、歳出科目の核心部分となっています。 盛夏の候、皆様方にはますます御健勝のこととお喜び申し上げます。 日頃から国民健康保険事業の運営に格別の御尽力をいただいておりますことに深く敬意を表するとともに、厚く御礼を申し上げます。 さて、本年2月に厚生労働省が公表した平成26年度の全国の市町村国民健康保険の決算状況によりますと、保険料(税)の収納率は、90.95%で、5年連続の上昇となりましたが、一般会計からの決算補填等を目的とした法定外繰入金を収入から除いた精算後単年度収支差引額は、3,585億円の赤字となっております。 一方、県内市町村の国民健康保険の決算状況を見ますと、収納率については、92.13%で全国の状況と同様に5年連続の上昇となり、前年度比1.12%の増加率は全国で1位となりましたが、実質単年度就任のごあいさつ山梨県福祉保健部国保援護課課長 古屋 正 (ふるや ただし)国保指導担当 主査 久保島 佐季子(くぼじま さきこ)市町村国民健康保険特別会計の当初予算の概要平成28年度国民健康保険改革の円滑な施行に向けて2.歳入3.歳出1.保険者規模はじめに県国保援護課通信山梨県の国保情報12

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 14

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です