やまなしの国保10月号
26/36

元気気元にに健康生活健康生活保健師アドバイス いきいきと健やかな生活を送るためには、ライフステージ(※)を通して生活習慣病を予防し、子供のころからの「健康な生活習慣づくり」に取り組むことが重要です。睡眠習慣国保連合会 保健事業課 保健師 佐野 博美※ライフステージ…人間の一生における幼年期・児童期・青年期・壮年期・老年期などの         段階 身体の健康とともに重要なものが、こころの健康です。身体だけでなく心の健康も!日本の“睡眠”の現状は? 日本人の平均睡眠時間は、7時間42分です。 年令階級別(図1)にみると、男女ともに45~49歳が最も短くなっています。 また、男女別に比較すると(図2)、女性が男性よりも約10分ほど短い睡眠時間となっています。曜日別では、男女とも平日が最も短く、日曜日が最も長くなっています。 25年前と比べると男性は7分、女性は3分短くなっています。十分な睡眠、ストレスと上手に付き合う心の健康を保つための3要素図1 日本人の平均睡眠時間(年齢階級別)図2 日本人の平均睡眠時間(男女別・曜日別)見直しませんか? 今回は、「睡眠」にスポットをあててみましょう。適度な運動バランスのとれた栄養・食生活・休養36042048054060085歳以上80~84歳75~79歳70~74歳65~69歳60~64歳55~59歳50~54歳45~49歳40~44歳35~39歳30~34歳25~29歳20~24歳15~19歳10~14歳総数360420480540(日曜日)(土曜日)(平日)女性  (日曜日)(土曜日)(平日)男性  総数7時間42分7時間42分7時間49分7時間26分8時間10分8時間26分7時間36分7時間37分7時間54分8時間6分8時間35分7時間42分7時間56分7時間43分7時間37分7時間23分7時間12分7時間3分7時間6分7時間14分7時間31分7時間48分8時間1分8時間22分8時間48分9時間40分(分)(分)24

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です